スタッフ紹介

 

院長 梅原大吾(長崎県出身)

経歴
平成23年3月   国立大学法人山口大学農学部獣医学科卒業
平成23年4月~  福岡夜間救急動物病院勤務
平成29年1月~  老司どうぶつ病院開院
 
ご挨拶
平成29年より老司どうぶつ病院を引き継ぐこととなりました梅原大吾と申します。
大学卒業後5年8ヶ月の間、夜間救急動物病院にて勤務し、その間にたくさんの急変した動物たちの診察や治療を行ってきました。動物たちはことばが話せず、また体調が悪くなってもなかなか症状を出さずに急変する子たちも多くいます。
そのような動物たちが少しでも減らせるように、日々の診療を行いたいと考えていますので、いつもと違う行動や状態の時には、まずご相談ください。
 
 
 

 

 

動物看護師 松岡佑奈(福岡県出身)

経歴 
平成30年3月  福岡ECO動物海洋専門学校卒業
平成30年4月〜 老司どうぶつ病院勤務
 
一言
動物と海外旅行が大好きです。お気軽にお声がけください、よろしくお願いします。
 
 
 
 

動物看護師 大石早苗(福岡県出身)

経歴
福岡エココミュニケーションアート専門学校卒業
福岡市内の動物病院にて5年勤務
平成31年1月〜老司どうぶつ病院勤務
 
一言
安心して治療を受けてもらえるように頑張りますので宜しくお願いします。
 
 
 

動物看護師 濱本吹稀(大分県出身)

 
経歴
平成31年3月  福岡ECO動物海洋専門学校卒業
平成31年4月〜 老司どうぶつ病院勤務
 
一言
漫画をよく読みます。精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。